三国殺――中国カードゲーム輸入せよ!【KawazAdventCalendar12/9】

KawazAdventCalendar

どうもどうも、Amoです

今日は昔中国で流行ってたカードゲームをご紹介します。

名は「三国殺」

実は昔けっこうはまってたゲームて、日本まで持ってきたんだが、中国語ばっかでみんなと遊べなかったですXD

その残念な気持ちに報いたくて、今日はこのゲームの基本的なルールを説明してみました。

カードの種類

まとめ.jpg

ざっと見るとこんな感じです。

プレイ人数は4~10人ですが、5人か8人かで遊ぶのがおすすめです。

カードは主に4種類があります:

①身分カード;②武将カード;③体力カード;④プレーイングカード

①身分カード

身分カード.jpg

身分カードは主公(君主・赤)1枚、忠臣(忠臣・黄)3枚、反賊(反乱軍・緑)4枚、内奸(奸臣・青)2枚計10枚あります。

ゲームの最初に、プレイヤー人数分の身分カードがランダムで配られます(基本的な組み合わせ方は身分カード説明の最後に書いてあります。但し、主公カードは必須)。

そして、主公以外は自分の身分カードを隠さなければなりません。また、それぞれの身分の勝利条件が違います。

  • 主公(君主):最後まで生き残ること
  • 忠臣(忠臣):主公と一緒に生き残ること
  • 反賊(反乱軍):主公をやつけること
  • 内奸(奸臣):ほかの全員をやつけて最後まで生きること

このように、主公以外は誰がなんだか分からない状況だが、それぞれ目標が違うため、行動が違ってきます。

例えば、忠臣は主公以外の全員を敵としています。また、反賊は主公を常に狙います。内奸は基本的に中盤までは忠臣になりすまして、反賊をやつけて、主公の信頼を獲得します。

だから、ほかのプレイヤーの行動に注意し、それぞれの身分を当てることができます。

もちろん、わざとらしくない行動をして、局面を混乱させることも大いにあり。

乱世の中で、主公は信頼に値する忠臣を見つけ出して、共に敵を倒すか、それとも思考放棄で皆殺しの恐怖統治を行うか、すべてはプレイヤー次第です。

最後に、プレイヤー人数に応じた身分カードの組み合わせ方をお付けします。

  • 4人:主公1、忠臣1、反賊1、内奸1;
  • 5人:主公1、忠臣1、反賊2、内奸1;
  • 6人:主公1、忠臣1、反賊3or2、内奸1or2;
  • 7人:主公1、忠臣2、反賊3、内奸1;
  • 8人:主公1、忠臣2、反賊4or3、内奸1or2;
  • 9人:主公1、忠臣3、反賊4、内奸1;
  • 10人:主公1、忠臣3、反賊4、内奸2

②武将カード

武将カード.jpg

身分カードが回ったら、次は武将カードを選びます。

武将カードは全25枚で、「魏」、「蜀」、「呉」三国の主公+武将、それに加えて「群」の4つのグループに分けられるが、基本的には混ぜて遊ぶので、特に影響がないです。

配る順番はまず主公に三国の主公カード3枚とほかの任意の武将カード2枚を配ります。

その次、主公がその中から1枚選んで提示してから、残りのプレイヤーに任意に3枚を配ります。

最後に、それぞれ武将を1枚選んで、同時に提示します。

カードの内容は以下のようです。

武将カード説明.jpg

  • a.武将名
  • b.武将スキル(また、主公カードだけに「主公技」が書いてありますが、プレイヤーが主公の場合だけに発動できます)
  • c.体力
  • d.勢力所属

三国殺の醍醐味はまさにここの武将スキルにあります!

が!

中国語ばっかりで訳すのがややこしい!ということで割愛します。m(_ _)m

最後には武将カード全員のスキルを訳した方のURLを貼りますので、興味のある方はそちらをご参照ください。

③体力カード

武将カードのc.のところにはプレイヤーの体力を意味する勾玉が示されています。

それと同じ数の勾玉が描かれた体力カードをプレイヤーたちに配ります。

主公の場合、武将カードの体力⁺1になります。

体力カード.jpg

こういう風に武将カードの右において、ダメージを受けた場合、武将カードを移動させて勾玉を一個隠します。

④プレーイングカード

プレーイングカード.jpg

プレーイングカードは3種類になります。

  • Ⅰ 基本カード
  • Ⅱ 錦嚢カード(錦嚢妙計:いざという時に問題を解決できるうまいやり方。『三国演義』第54回に見えることば――超級クラウン中日辞典より)
  • Ⅲ 装備カード

ゲームの最初に、プレイヤーは一人に4枚で配られます。そして、毎回自分のターンになった時、2枚を新しくもらえます。以下はプレーイングカードの詳しい説明です。

Ⅰの基本カードは「殺」と「閃」の2種類だけで、それぞれ「攻撃」と「回避」に対応しています。

もし相手が「殺」を使ったら、手元に「閃」がないと、ダメージを一点受けます。

Ⅱの錦嚢カードは特殊効果を発動させるためのカードです。それぞれの効果が違いますが、前述の理由で割愛します

Ⅲの装備カードをもらったらすぐ装備しましょう。最大4種類で一つづつ装備できます。いわゆる「武器」「防具」「攻撃用馬(-1)」「防御用馬(⁺1)」です。馬の名前は多いですが、使い方は相手に接近するための「攻撃用」と相手から離れるための「防御用」の二つだけです。それに対して、武器と防具は名前によって効果が違いますが、前述の理由で割愛します

いきなりまとめ

これからゲームの遊び方を詳しく説明するつもりでしたが、振り返るとすでにかなりの長さになりました…

また、よく見れば遊び方もところところ混ざっていたんじゃないか!(╯°□°)╯︵ ┻━┻

ゲームの説明方として、やはりきちんと内容を分けたほうがいいと今更感じました…

今回は話を全部終わらせる時間がなくて、また今度今度で続編でゲームのルールなどをご紹介します!

最後に、丁寧に三国殺のルールとカードカードの説明を全部訳した方のURLを添付します。

そちらのほうからゲームの全貌が見られるので、早めに知りたい方は是非読んでみてください。

もし機会があれば、今度一緒に遊べることを楽しみにしております。

明日は崩壊プラグさんです!@Tosh

加加の星屑日記――中国のボードゲーム『三国殺』ご紹介!

1 RIRA (@RIRA)

面白そう→やってみたい!→中国語分からない→(╯°□°)╯︵ ┻━┻

頑張れば出来るはず!?

2 Amo西林 (@AmoShiren)

RIRA

実ははじめて遊ぶ中国人に対しても、覚えるものが多くて、スタートラインは特に違わないんだと思いますw

また、最後に貼ったURLの方は、かなり詳しく武将カードなどの説明を訳したから、それを参考しながら遊ぶことはできる…はず!

しかもカードゲームはやはり遊びながら説明するほうが一番早いのだと思うので、ぜひぜひ今度で一緒に遊んでみてください!

3 niku (@niku)

身分を隠しながらそれぞれのゴールを目指すのは汝は人狼なりや?みたいですね. おもしろそう.

Only registered users are allowed to comment on the entry. Please log in to comment.