きっと誰にでも分かる"コンプ"のおはなし【Kawaz Advent Calendar 12/20】

KawazAdventCalender

じこしょーかい

みなさまおはようございます、AttaQです。
弄るのとか数字弄るのが好きです。
Kawazの代表だったりGGJ Sapporoのオーガナイザーだったりします。

はてさて

コンプとは。
Compressorの事です。圧縮器のことです。
この場合は音響としてのCompressorを指します。

Compressor とは

簡単に言うと、音量の大きい所を押さえつけるものです。
パラメーターがいくつか存在し、押さえつけ方の調整が出来ます。
前回の"Attack"のお話も参照してください。

今回は、コンプを使って音を味付けしたりしてみよー!という記事です。
対象者は音楽したことないひと演奏者中途半端にこんな感じだっけ? な方へ。
コンプの味とか、そこはまた今度で。

代表的なパラメーター

コンプにはややこしい名前のパラメーターがいくつか存在します。
それを自在に操り、望みの音を得るために、堅苦しく考える必要はないので
緻密なモグラたたきを想像してください。

Threshold

"閾"を意味する英単語ですね。
このパラメーターは、""頭の押さえ始める音量の大きさ""を設定します。


Ratio

"比" "割合"を意味する英単語ですね。
このパラメーターは、"頭の押さえる強さ"を設定します。 超えた音量をそのまま流した場合に比べ

半分の音量にしたい場合は2:1
20%にしたい場合は5:1
超えないようにしたい場合は∞:1
と設定します。


Attack

"攻撃"・"開始"などを意味する英単語ですね。
攻撃するのかというとそうではなく、
開始のかかり方を調整するのかというとそうでもない。
このパラメーターは、"頭の押さえ付ける速さ"を設定します。

ちょっとややこしいですね!


Release

"手放す""自由にする"などを意味する英単語ですね。 これは割とそのままで、"頭を離すまでの長さ"を指定します。

Knee

"膝"・"折れ曲がり"を意味する英単語ですね。
"頭を押さえる丁寧さ"を調整します。
このパラメーターが無いものもあり、 そのCompressorの丁寧さの違いが味となっている、と説明すれば良いでしょうか。

こんなところで。

実際の例を出してみましょうか。

これを元に色々弄ってみましょう。
分かりやすさ優先!
ソフトはCubase付属のコンプ!

その1

『モグラ?少しでも見えたら叩き潰せ。勿論最速で全力でな。
今回はそうだな、叩いた状態は維持して、ソフトタッチでやってみるか』。

これをコンプのパラメーター化します。

  • 少しでも見えたら叩き潰せ(Threshold)
    -30dBFSという音量で叩きはじめることにします。

  • 全力で(Ratio)
    全力で8:1にします

  • 最速で(Attack)
    最速にします(0.1)

  • 維持して(Release)
    最大にします(1000)

  • ソフトタッチ(Knee)
    このコンプにはソフトニーという項目があるので、それを有効にします。

結果!

はい。全力で叩きのめしたので、全力で小さな音になりましたね。

その2

『さっきのはちょっとやりすぎたな。 前回のまま目立ったモグラだけ叩いてみるか、やっぱり超えた奴には容赦しない事にしよう』。

  • 目立ったモグラだけ -15dBFS程度から、叩きはじめます。

  • 容赦しない ソフトニーを解除します。

結果!

やや元のデータに比べて2つの音の音量差がなくなりましたね。
これは、前半は目立っていないモグラであり、後半は目立ったモグラなので、こうなります。

その3

『よしよし、今回は仕事してくれたな。 もうちょっと叩く奴らは増やすけど、叩くまでの早さを落として、手放すのも早くしてみるか』。

  • 叩く奴を増やす -22dBFSから、叩きはじめます。

  • 早さを落とす 最速と半分の中間くらいにしてみます。

  • 手放すのも早くして 最速と半分の中間くらいにしてみます。

結果!

なんということでしょう! 一度目は分かりづらいですが、二度目の音のアタックは残ったまま、スリムになりました。
ダイエット大成功です。モグラさんもご満悦です。

そんな感じで

今回の記事でやりたかった事は、コンプは恐ろしいものだ…
とりあえずプリセット(最初から用意されたパラメーターパターン)つかお。
の卒業と

音をあまり使わない人が試しに触ってみて、
音を弄るってこんなに楽しいんだ!と、感じてもらえることでした。
実際コンプ分かったけど何で使えるのよ。という人のために後々追記します。

あと、緻密モグラたたきコメント頂けたら、そのパターンを書きだしてみますねー!
こんなところで。ここまで見ていただき有難うございましたー

大遅刻ごめんなさい!

ごめんなさい

お詫びにコンプを誰でも使える方法のご案内

Audacityという音声編集、録音ソフトがございます。
いろんなOSで動くので、とりあえず入れてみてください。

中に入っているコンプもありますが、Windowsの場合、VSTというプラグインを読み込めるので
コンプ フリーで検索すると
常識的なコンプから 変態的なコンプ、ここでは紹介していないマルチバンドコンプ
というコンプまで様々転がっていますので、是非コンプ探しの旅へ。
個人的には、ハードウェアでuniversal audio 1176という名器があるのですが
これのシミュ系が好きです。

お金がある人は実機を買ってもいいのよ?

1 Yudaidhun (@Yudaidhun)

1176みたいなFETって掛かりが変態すぎて使うの難しい! ドラムとかに掛けると謎の迫力出るから好きだけど。

Only registered users are allowed to comment on the entry. Please log in to comment.