つぶつぶBlender入門【KawazAdventCalendar 5/24】

Blender

お誕生日おめでとうございます自分。

ということで始まりましたKawaz Advent Calendar、 今日はちっくんさんがお送りします!
最初は密かに開発していたenchant.jsのゲームでも紹介しようと思ったんですが、 意外と時間が取れなくてちっとも開発が進んでないので、 チュートリアルになりたかった系 記事を書きたいと思いまする。
色々と拙い文章なので時間の無駄を覚悟してお読みください。

まえがき

Blender入門な感じのことを書きたいんだけど、 自分は忍耐力が足りなくてモデリングとか全くできない!
ということで今回はBlenderを使ってコンピュータに頑張ってもらって、 手軽にゴージャスっぽい絵を作ろうという話でごじます。
ちなみにBlenderの表示は『英語のほうがカッコイイ!』という理由で英語表示のまんま使ってますので、日本語化した方は心の目で見てください。

今回はBlenderの Particle という機能を使ってみます!

Particleってなんぞ?

particle 【名】 (微)粒子、微量、小片 《文法》不変化詞 《物理》素粒子

つまり、つぶつぶを飛ばしてなんかする機能。 真面目にいうと粒子です。 粒子さんです。

Particleは何処から現れ、何処へ消えていくのか

さて、早速初めて行きたいんですが、 もうちょっとParticleの話をしませう。
Blenderの世界には、始めからParticleが居ることはできないんです。 ってことは、何かからParticleを生み出さなきゃならないんですね。 このParticleを生み出す発生源をエミッタと呼ぶことにします。
ってわけで、エミッタを作ってみました。
emitter.png

なんとただの3Dオブジェクトです。 Blenderの世界で形を持った (ライトとかカメラじゃない) ものがエミッタになれます。 (細かいこと言うとメッシュオブジェクト)
こいつを発生源にしてParticleをもりもり生産するわけですね。

じゃ、Particleを出してみるよ

エミッタにしたいヤツを選択して
part1.png

この画面の + ボタンを押すと
part2.png

こうなります
なにやらParticleSystemなるものが追加されましたね。 これがこのオブジェクトから出されるParticleの設定です。 2種類のParticleなんかを出したいときにはもいっこ + すればもいっこ出ます。

この画面のEmissionの欄を説明していきます

  • Number は生まれるParticleの総個数
  • Start から End のフレームの間Particleが生まれます
  • Lifetime は生まれたParticleの寿命
  • Random は寿命のばらつきです、世の中平等にはいかないのです

ってことは StartEnd の間を短くすると一気にドバッと出て、 長くするとちびちび生まれるということですね。
んで、まぁとりあえずこの状態のまま時間を進めます。 Alt+A で時間を進められます。
emission.png

このように最初の設定だとParticleが重力に引かれて下に落ちていきます。 というのもParticleは1個1個に物理演算がかかります。

物理演算?

physics.png

Particle設定のこの欄でどんな物理演算を使うかが決められます。 ちょっと紹介すると

  • Newtonian は質量を持った何か
  • Fluid はどろどろした液体っぽい動き

になります。 計算の方法を変えると必要なパラメータもガラッと変わりますので色々と試してみましょう。

あれやこれや設定中…

時間が無くなってきたのであれこれ設定するのは次回があればやりたいです… 簡単にポイントだけ説明すると Particleは数 が多ければゴージャスになります。 弾幕はパワーですがParticleは数の暴力なんです。 ただし、Particleの数が多くなるとパソコンのメモリとかが結構厳しい状態になってくるのでやりすぎは注意しましょう。

そんなわけで、 レンダリングを開始して、一晩寝かせたものがこちらになります。

すごく…手抜きです…

あとがき

全く無計画にチュートリアルを始めたはいいんですが、全然収集がつかなくなってしまって、肝心な所を端折るという訳のわからない事になってしまった事をお詫び申し上げます。 Upした映像は今日の1:00位に仕込み (レンダリング) をして即席で作ったものですので、 夜中にパソコンさんが頑張っただけの手抜き映像なんですが、 なんとなくこんな所まではできます。

ここまで読んでいただいてありがとうございました! こんな記事を書いておいてなんですが、 一応僕はプログラマのハズなので、何かゲームのアイディアがあったら私の所に来なさい! 以上!

1 和牛 (@mou_jp)

ちっくん先生の攻略本準備号! 物理演算を網羅するんですねわかりますよぉぉぉおwktk!!!

2 みぃお(miio mitani) (@miiojp)

Particleの魅力に取り付かれてるみぃおさんが登場 かっけぇ!

3 Tetu_fs (@Tetu_fs)

文字の形にパーティクルがシュワァっと集まるとかっこよさそうです。 久々にBlender触ってみます!

4 ぎぎねっと (@giginet)

おつです!すげええ!

Particle、結構簡単に作れる感じなんですね。 これでエフェクト素材を作りまくれば、どのゲームでも汎用的に使えそうで良さそうですよね。

動画について、文字を構成する粒子がどうやったらああいう動きをするか、詳しいパラメーターも聞きたかったかも!

5 テツオ (@Tetchan70s)

おおっ!動画、カッコいいですね。
物理演算で他にどんなことができるのか興味津々ですw ちなみにこの物理演算は、いわゆる自然界の法則に反するような動きも設定できるんでしょうか?だとしたらさらにイロイロと面白いことができるのかも・・・と、思いました。

Only registered users are allowed to comment on the entry. Please log in to comment.