今年遊んだゲームを振り返ってみる2016【Kawaz Advent Calendar 12/19】

ゲームレビュー

こんにちは

みなさん、ゲームで遊んでますか?

@giginetです。投稿が遅くなってスミマセン。

知らない方のために自己紹介をしておくと、Kawazの2代目代表で、このポータルの開発などをしています。 現在は東京でモバイルアプリケーションエンジニアをやっています。

先日、FFっぽく飯を撮影するカメラなどを作ってリリースしたりなどしました。よろしくお願いします。

あのゲームっぽく飯画像を撮るアプリ、『Camp Camera』をリリースしました - 5.1さらうどん

20161222000454.jpg

今年もGGJのときだけ札幌に戻ると思うので、初めての方はよろしくおねがいします。

この記事は

僕はかなり頻繁にゲームを買って遊ぶので、今年遊んだゲームを振り返ってみます。 以前はよくこのような記事を書いていたのですが、今年は数年ぶりの記事になります。

Kawaz - 今年遊んだゲームを振り返ってみる【KawazAdventCalendar 12/5】

Kawaz - 今年遊んだゲームを振り返ってみる2013【KawazAdventCalendar 12/16】

今年特にオススメしたい名作

Fallout 4(PS4/Xbox One/PC)

screenshot-265.png

いきなり世界一売れるゲームを挙げるのも恐縮ですが。

Falloutシリーズは核戦争後に崩壊したアメリカを生き残るオープンワールドRPG。

西暦2077年。世界は核の炎に包まれた。シェルター『Vault』に逃げ込んだ主人公は210年にも渡ってコールドスリープされていた。全てが荒廃した世界で生き別れた息子を探して旅に出る。

一見TPSのように見えて、実はRPGに近いジャンルで、アクションが苦手でもコマンド入力のように狙った場所をゆっくり狙撃できるV.A.T.Sシステムなどが特徴のシリーズ。基本システムは3から変わらず今回も健在です。

1064-0-1447757581.jpg

ところどころ出てくる1950年代の音楽と、ポスト・アポカリプスな世界観の融合が独特。PIXARの『WALL-E』なんかの雰囲気が好きな人はハマるはず。

驚くべきはそのボリューム。 大量のサブイベントをこなし、エンディング4種類全てを見て、トロフィー8割回収して、プレイ時間が150時間を回った辺りでマップを見てみると、なんと右下1/3がまだ白紙。

さすが洋ゲーはボリュームが桁違い。これが他のフルプライスのソフトと同じ値段で売られているのに作り手としては恐ろしさを感じます。 さらにはDLCや、MODまで完備されており、無限に遊べる作品です。 興味のある方は老後にやるのがよいのでは。

ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ(PS4/PS3/PS Vita)

20160122-dqbuilders-03.jpg

ドラクエ版Minecraft

ドラクエ1でおなじみの「せかいのはんぶんを おまえにやろう」。この問にいいえと答えてしまい、闇に包まれたアレフガルドが舞台。 ゆうしゃの寝返りにより失われてしまった世界をビルダーである主人公が取り戻します。

基本的な流れは、言われた素材を集め、合成し、組み立て、国を建国すること。 ドラクエ1の要素も数多く登場。ドラクエらしくモンスターとの戦闘もあります。

サンドボックス系のゲームって、プレイヤーがどこまで好き勝手できるかと、自由度を無くす代わりに目的設定をしっかりしていくかのトレードオフだと思うんですが、この作品は、あれこれ指図されるけど、目的を持ってクリアまで遊べるし、ところどころ自由に作れるしで、そのバランスが上手いことできてるなあと感じました。

反面、Minecraftなど、ガチのサンドボックス系が好きな人にとっては、ストーリー進行上でやることが制限されたり、マップ作りに制限があったりと、ちょっと物足りない印象を受けるかもしれません。 僕は『Minecraft』や『テラリア』、『Factorio』などは遊んだけど、ああいう感じに自由度高く放り出されるゲームより、これぐらい目的が示されているゲームの方は好きで、かなり楽しめました。

めちゃくちゃハマってた時期は、街中歩いてて、レンガの壁を見る度に「ちょっと壊してから拠点に帰るかー」みたいな危ない思考に陥ったり・・・・・・。

人を選ぶところは否定しないけど、Minecraftとかなんか難しそう、って思っている人にこそぜひ遊んでほしいですね。

Life is Strange(PC/PS4)

maxresdefault_18.jpg

2本連続でメジャーな作品が続いたので、少しマイナーな作品を。

ライフイズストレンジは、ひょんなことから時間を巻き戻せる能力を持ってしまった女子高生マックスの青春を描いたアドベンチャー。 『HEAVY RAIN』とか、『BEYOND; TWO SOULS』のような、僕の好きなジャンルです。

話はよくある時間遡行もの。この手の話におなじみのいわゆる「バタフライ・エフェクト」が作中のいたるところで出てきます。

このゲームの特筆すべきは、時を自由なタイミングで遡行できるところ。 数年前に肉親を失い、ふさぎ込んでしまった友人を救うべく、マックスは時を戻す力を使って過去を変えようとします。しかし、過去を変えた世界にはバタフライ・エフェクトによって別の不幸が待っていて・・・・・・。

2803682-4829823189-8f402.jpg

惜しむべくは、せっかく魅力的なシステムなのに、ゲームの進行はわりと一本道なところ。ほぼ全ての場所で時間を戻すことができるけど、基本的にゲームの結末に影響するギミックは無し。 ゲーム性としては、決まったところで時を戻して、正しく行動するとフラグが立つという、パズルゲームに近いモノになっています。 『BEYOND; TWO SOULS』のように自分の選択で結末が変わる要素がもうちょっとあればなあというのは若干勿体ないところです。 それと、時間を戻す作中のルールがちょっと複雑で、例えば時間を戻してもモノの配置は動かない、とか、少し首をかしげる設定も。

全体的には非常に良くできていて良い作品でした。遊んでいる間は先を読み進めたくなること間違いなし。この手の作品をあまり遊んだことがない人はぜひ触ってみてほしい。

来年は、この手のジャンルでは「Detroit; Become Human」の発売が控えており、今から大変楽しみにしております。

Clash Royale(iOS/Android)

clash-royale-best-cards.jpg

基本的にソーシャルゲームはあんまり遊ばないんですが、今年一番熱中したゲームはこれ。

クラッシュロワイアルは対人型のリアルタイムストラテジー ユニットを配置し、3分間で3つあるお互いのタワーを破壊しあいます。多く壊した方が勝ち。

Clash-Royale-bone-pit.jpg

時間経過でエリクサーと呼ばれるコストが貯まっていき、そのコストを消費してユニットを配置していきます。基本的には高度なジャンケンで、相手のユニットに対して確実にメタれるユニットを当てていくのが基本戦略。 だけどそれが難しいし、先読みして出す、などの技術やセンスもかなり問われます。

そしてゲームバランスと課金の仕組みが良くできている。 基本的にヘタクソだといくらお金をかけても勝てないようになっていて、純粋に実力が試されます。課金して強いカードを手に入れても、コストが高いので、使い方を間違えると全く有利にならなかったり。だからこそ勝ったときに脳内物質が溢れる。

『スプラトゥーン』のガチマッチのようなレート性が導入されていて、ズルズルと沼にハマっていきます。

ハマってる時期は大変ヤバくて、毎日2~3時間遊んでレートを溶かしつつ、たぶん半年で総額5万ほど課金してしまいました。 最終的にレート1900ぐらいまで行ったけど、ある日を境に急にやらなくなって、ここ数ヶ月は遊んでません。

凄くおもしろい作品で、海外では記録的なセールスを残しているのですが、周りに薦めても絵柄が日本人ウケしないからなのか、なかなか触ってもらえませんね。ソシャゲと侮るべからずで、ゲーム好きな人こそ是非遊んで欲しいです。

Undertale(PC/Mac)

undertale_07.jpg

海外で数々の賞を総なめにした傑作インディーゲーム。

モンスターたちが住む地下世界『RUIN』に落ちた主人公が、地上に戻るための冒険を繰り広げます。

雰囲気は『MOTHER2』に近いRPG。かわいい絵柄だけど、ちょっとシュールで、ちょっと不気味。そしてMOTHERっぽいメタネタやナンセンスギャグも多い。

これ自体がネタバレなのですが、もの凄く「ネタバレ注意」な作品。 何を語ってもネタバレになるしとりあえず遊んでくれ。 あまりにも有名で語り尽くされてる作品だし、これ以上わざわざ語ることはない。

唯一語れることと言えば、とにかく音楽が良すぎること。 海外では無限にアレンジサントラが出ているので、いろいろ買って仕事中に常に聞いてます。

ちなみに、現段階では日本語版の正式版が出ていないため、非公式のパッチを当てるしか方法がなく、若干敷居が高いかも。 僕は全て英語で遊びましたが、難しい表現やパロディが多くて結構キツかった。1周クリアするのに倍ぐらい時間がかかった。

ペルソナ5(PS4/PS3)

71NXJFbzzvL._SL1000_.jpg

ペルソナシリーズ最新作。P4はそんなにハマれなかったし、発売前は全然注目していなかったんですがクリアしてみたら、ここ10年で遊んだJRPGで一番面白かったと言えるレベルの傑作でした。

とある事情で地元の高校を停学になり東京に越してきた主人公。ある日異世界に迷い込んでしまい、謎の生物モルガナと出会う。 その異世界は『パレス』と呼ばれる人間の認知の世界。 この力を使い世直しをすべく、心を盗む怪盗団を結成し、悪人達の「改心」を始める。

とにもかくにも話が良い。 ゲーム性としては、無駄に長くてストレスが溜まるダンジョンとか、ちょっと古くさい戦闘システムとか、ピーキーすぎるバランスとか、強いペルソナ作っても使い道がないとか、不満点は無数にあるんだけど、それを感じさせずに100時間没頭させる程度にシナリオが良くできている

主人公たち怪盗団が直面する問題は、暴力教師、盗作、ひきこもり、ブラック企業とどこかで聞いたことがあるようなものばかり。そして、驚くほど忠実に表現されている東京の町並みがとにかくリアル。 そのドキッとするほど現実に近い世界で、次々と世直しがされていくのがとにかく痛快。 それでいて、七つの大罪がモチーフにされているなど、ちゃんと従来のペルソナっぽくまとまっているのは見事ですね。

コープのサブイベントも「限られた日数で如何に効率よくイベントをこなすか」というゲームの根本的な楽しさが凝縮されています。1週目からコープマックスを狙うと結構やり応えある。

間違いなく今年一番オススメできる1本

Mini Metro(iOS/Android/PC/Mac)

Mini-Metro-3-min.jpg

昨年発売して気になっていたインディーゲーム。

次々現れる駅を繋いで路線を作り、お客が詰まらないように効率化していくゲーム。

『A列車で行こう』などは面白いけれど、遊ぶにはガッチリ腰を据えて遊ばないといけません。 反面、今作はかなり抽象化されているけど、遊びの本質がわずかな時間で楽しめます。 難易度曲線も良い感じで、どんなに順調に行ってても1ゲーム15分程度で終わるのがサクッと遊べる。

地味に音楽と電車の移動が同期するようになってて、インタラクティブミュージック的要素も良い。

面白いんだけど、突き詰めると最終的には運ゲーに偏ってしまうのが残念なところかも。

プレイヤーとしてもそうだけど、ゲーム開発者としてもこういうゲームを作ってみたいと思わせてくれる一本でした。

今年買ったゲーム完全版

棚卸しと、何本買ったか気になったために調べてみた。

  • 購入したコンソール、PCの作品のみ
  • 太字は今年発売した新作
  • 再購入でも過去に一度でもクリアしていれば○。エンディングのないものは一応最後までやったかな、と思えたものは○
  • ニンテンドーアカウント、プレイステーションネットワーク、Steam、Amazon、各種通販の購入履歴を調べた

概ね買った順

クリア済み タイトル ハード
星のカービィ 参上!ドロッチェ団 DS(WiiU VC)
星のカービィ64 64(WiiU VC)
× メテオス ディズニー・マジック DS
ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ PS4
× 名探偵ピカチュウ~新コンビ誕生~ 3DS
× This War of Mine PC
タッチ!カービィ DS (WiiU VC)
マリオカート64 64(WiiU VC)
ポケットモンスター緑 GB(3DS)
星のカービィ GB(3DS VC)
× カービィのピンボール GB(3DS VC)
× カービィのきらきらきっず GB(3DS VC)
星のカービィスーパーデラックス SFC(WiiU VC)
× Factrio PC
× みんな大好き塊魂 PS2
× マッピーランド FC(WiiU VC)
カスタムロボV2 64(WiiU VC)
ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトル PS3
× Star Warsバトルフロント PS4
ファミコンウォーズDS DS(WiiU VC)
× スペランカー FC(3DS VC)
Undertale PC
× レッド・デッド・リデンプション:コンプリート・エディション PS3
× ダウンタウンスペシャル くにおくんの時代劇だよ全員集合! FC(3DS)
× Dr. MARIO ギャクテン!特効薬& 細菌撲滅 3DS
ドラゴンクエストキャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン PS
戦場のヴァルキュリア リマスター PS4
ライフイズストレンジ PS4
スターフォックス零 WiiU
× スターフォックスガード WiiU
× 星のカービィ ロボボプラネット 3DS
× ドラゴンクエストヒーローズII 双子の王と予言の終わり PS4
激闘! カスタムロボ DS
× 朧村正 PS Vita
× ディビジョン PS4
× 逆転裁判6 3DS
× BIOHAZARD 6 PS4
× さよなら海原川背 ちらり PS Vita
× マッピー AC(Wii VC)
× ワンダーボーイV モンスターワールドIII AC(Wii VC)
× ショベルナイト WiiU
× ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ Xbox 360
ヨッシーストーリー 64(WiiU VC)
× No Man's Sky PS4
× カルドセプトリボルブ 3DS
× バトルフィールド4 PS4
ペルソナ5 PS4
ポケットモンスター ムーン 3DS
3D ぷよぷよ通 3DS
× ファイナルファンタジーXV PS4
× ウォッチドッグス2 PS4
× 人食いの大鷲トリコ PS4
× GONE HOME PS4
桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!! 3DS
× Sid Meier's Civilization VI PC

今年は55本でした。2012年は71本、2013年は101本だったので大分減りましたね。 古いゲームがVCで配信されたからとりあえず買っておくか!みたいなので結構な本数を占めていた。

まとめ

毎回、この記事は隠れた良ゲーをオススメするという趣旨でやっていたのですが、今年のオススメは定番の名作ばかりですね。全体として金のかかった大作が順当に面白かったという感じで、さほど面白みのない記事になってしまった・・・・・・・・・。あと今年はシナリオがある作品が多かったですね。

やはり数年前に比べて、コンシューマーゲームがあんまり出なくなってしまい、1本1本が大作化しつつあるという最近の事情もあるでしょう。時代の流れを感じて寂しいモノですね。

さて、これからの年末年始は、Civ6、ウォッチドッグス2、FF15、トリコをクリアしようと思ってます。 来年は年始から『GRAVITY DAZE2』と『ダンガンロンパV3』が控えているので楽しみですね。

それでは皆さん良いお年を

1 つなくっく (@tunacook)

ドラクエビルダーズって今年だっけw

ドラクエ11は来年出るって言ってるけど延期しそうな気がする。Switchとゼルダが出たらぜひレポート期待!

3 ぎぎねっと (@giginet)

マジだ。逆だった。 あとクラロワのレートが1000ほど低かった。2900が正しいですね。

Only registered users are allowed to comment on the entry. Please log in to comment.