楽譜は地図【KawazAdventCalendar 12/19】

None

どうもーゆうきです。

みんな、__クラシックの曲やオーケストラの曲を聴いてるかい?__
たぶんあまり聴かないよね!

・長くて眠い
・何やってるのかよくわからない
・サビとかあるの?

まあ退屈だよね。
俺も学生時代、第一楽章の最初で寝落ちして終了後の拍手で起きたことがあるぜ!(約1時間爆睡)

興味はあるけどとっつきにくい。
じっくり聴いてみたいけど寝てしまう。
オケ編曲に興味があるけど何から勉強すればいいの?

楽譜は地図

上記の問題に対して、シンプルながら効果がある方法、それは
__「楽譜を見ながら聴く」__
ということなのです。

たぶんここで半数くらいの人が
「いやいやいやいや楽譜なんて読めないから無理」って思ったでしょ?

良いんです。適当で。
音がなんとなく上がってるのか下がってるのか。
どの楽器が演奏しててどの楽器が休んでいるのか。
たくさん弾いているのか少ない音数なのか。
そのくらい__大雑把な把握で良い__んです。
なんとなく耳についたフレーズ(と思われるもの)をなんとなく追っかけていくだけでも良いんです。
あっ、ここで楽器が変わるんだ、とか
いきなり少なくなったな、とか
さっきも出てきたリズムじゃん、とか
そういうちょっとした発見が、とても楽しくなっていくんです。
__楽譜は冒険が楽しくなる地図。 __

クラシックの楽譜はたくさん無料で手に入るよ!

クラシック曲は著作権が切れているものが多いので、ネット上に音源や楽譜がたーーーーくさんあるんだ。
http://imslp.org/wiki/
画面上で楽譜を見てもいいけど、できればプリントアウトして、いろいろ書き込みしながら聴いてみよう。地図だと思って。
「この場所カッコイイ」「きたない」「ここで眠くなった」でもなんでもいいから!

ちょっとだけ見てみようか

さて、今日は軽い気持ちでちょっとだけ楽譜を見てみましょう。

01.jpg

ああ!なまら段数ある!無理!ややこしそう!って思ってしまいますね。
15種類も楽器あるなんて困りますね。
ワケわからなくなりますね。

じゃ、思い切ってまとめましょう。

・木管楽器
・金管楽器   ・弦楽器
・打楽器
・その他

02.jpg

これでどうだ!
5種類!
みんなによく馴染みのある「ボーカル・ギター・ベース・ドラム・キーボード」と同じパート数よ!
グッと気がラクになりますね。
なんだかちょっと身近になってこない?

オーケストラは15種類の楽器があるからと言って、全員がバラバラの動きをするわけではありません。
だいたい、いくつかの楽器がまとまって動きます。
で、木管楽器なら木管楽器同士で、同じ動きをする、というケースが非常に多いんですね。
これだけでも覚えておくとだいぶ気がラクになります。
(もちろん例外もたくさんありますが)

余談というかまとまらなかった話

あと、いろいろ書こうかと思ったのですが、体力と時間の限界のため、いくつか箇条書きにして終わりまーす。
何かの折にお話できたらいいなと思ってます。
それではー!

・可能であれば、楽譜と一緒に映像を観れるとより楽しさアップ!  どの楽器が演奏してるかわかりやすいからね!
・オーケストラの基礎を学ぶのであれば、個人的には__チャイコフスキー__が断然オススメ。
 「音の和音の積み上げかた」「役割の持たせかた」がとてもわかりやすいから。ごちゃごちゃしてない。
・コンピュータで打ち込みをやっている初学者を悩ませがちな「この楽器は実際にこの音域出るかな?」という疑問点も、
 理論書より楽譜のほうがてっとり早い。
 「この音程の音はどのくらい連続して出せるか」「この音からこの音に飛べるのか」「この速さで弾ける…?」という疑問も、
 「チャイコフスキーが同じような動きしてるから大丈夫だべ!」となる。
・学校「ソナタ形式」って習ったと思うんだ。そしてたぶん、よくわかんなくてつまんなそう、と感じたりしたと思うんだ。
 ソナタ形式ってのは乱暴に言うと
 「サビが2個あって、両方とも最初と最後に出てくるよ」
 「中間部分はサビがこっそり出てきたりするから頑張って見つけてね!」という形式なのですね。
 フォーマットが決まってるから、理解しちゃえば聴きやすいんだ。
 中間部分でサビを探すっていう楽しみもあるから、今度ソナタ形式って単語を見つけたら怖がらずに聴いてみて!
 (もちろん、サビ探しのクエストにも楽譜は超有効!)
・以上を踏まえたうえでのゆうきイチ押しは、__チャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」__。
 上記したようなソナタ形式で、サビも2個(+オマケでもう1個)ある!
 激しい部分と泣かせる部分もあるし、ゲームの曲を作る際にもかなり活用できるんじゃないかな。
 今でも自分のバイブルです。
 ちょっとだけ長いけどね!良い曲ですよ!
 http://imslp.org/wiki/Romeo_and_Juliet_(overture-fantasia)_(Tchaikovsky,_Pyotr)

1 geekdrums (@geekdrums)

最後にいただいたロミオとジュリエットの楽譜はこういう意味だったのですね・・意味もわからず、とりあえず曲を流しながら楽譜見てました。「読める!読めるぞ!」って気分になってとても楽しかったです。あと吹奏楽部時代を思い出しました。

今度はソナタのサビを探しながら聴いてみます!

Only registered users are allowed to comment on the entry. Please log in to comment.